レディ

オフィスの空調や照明を自動制御にして費用削減する

新しい電気の購入

メンズ

PPSは、新電力とも呼ばれるもので、それまでの大手電力会社以外の電力供給会社のことです。2016年からは電力の完全自由化が行われたため、一般家庭からでも電力会社を選ぶことが可能ですが、PPSでは特に大規模な事業者向けのものが多く、電気料金の削減ができるメリットがあります。

読んでみよう

第一印象が大事なデザイン

お店

人々がお店に入るとときの参考にするのが、店舗デザインです。実際に店舗デザインを考えるときには、どのような方に入ってほしいのか考えることも大切です。お店のアピールポイントを考えて、店舗デザインを決めましょう。

読んでみよう

環境調節とコスト削減

ウーマン

空調から照明まで集中制御

企業の収益性を高めるためには売上アップや利益率の改善といった経営目標に加えて、経費削減も極めて有効です。経費削減と言えば人件費に着目しがちですが、オフィスや工場の光熱費も疎かにできないことから削減対象となります。従来は手動で行っていた空調設備のコントロールを、自動制御方式に切り替えるだけでもコスト削減効果が得られます。空調設備の自動制御によって電気代の無駄をなくすだけでなく、手動による制御と比べて正確な機械制御は快適な職場環境の実現にもつながるのです。そうしたシステムを取り入れたオフィスや工場では煩雑な機械操作の必要がなくなり、業務も効率化できます。一般に自動制御の仕組みとしては、大きく分けてシーケンス制御とフィードバック制御の2種類があります。空調設備の自動制御ではユニットコントローラーや温度センサーといった機械を駆使し、室内温度や風量・換気を最適化するよう自動でコントロールしています。現在ではオフィスの光熱費で平均40%を占めると言われる照明器具の自動制御も可能になりました。照明から室温調整・換気までを集中的に制御することで、経費削減ばかりでなく仕事の能率アップにもつながるのです。

中央監視システムの導入例

オフィスや工場にこうした自動制御システムを導入すれば職場環境は大きく改善されますが、故障時などの対応には不安要素もあります。その点では空調設備や照明設備の制御に中央監視システムを同時導入することで安心感が高まります。中央監視システムは空調制御と照明制御を含めたすべての自動制御システムと制御盤を通じてつながっており、中央監視装置でのモニターが可能です。セキュリティシステムや防災システムと中央監視システムとの統合により、不審者侵入や災害発生時にも迅速に対応できます。非常時の緊急停止や防犯センサーと連動した警告装置の作動など、あらゆる事態を想定した万全の備えが中央監視システムで実現できるのです。こうしたシステムはインターネット回線を利用した遠隔監視も可能となっており、離れた場所から自動制御の空調設備や照明機器の状態を常時モニターできます。中央監視装置と接続されたサーバーにはさまざまな計測データが保存され、計測値をグラフ化することによって経費削減効果を検証するような活用法も考えられます。多数の空調・照明機器を扱う企業ほど、こうした自動制御と集中監視システム導入による経費削減効果は大きいのです。

暗い場所での仕事の道具

作業者

暗くて周囲が見えない場所では、満足に仕事を進めることができません。いつものクオリティのサービスを提供するには、周囲を照らす作業灯が必須です。そして、現場に合わせて作業灯を使い分ければ、取引先の信頼を得られる可能性もあります。

読んでみよう