新しい電気の購入|オフィスの空調や照明を自動制御にして費用削減する
男の人

オフィスの空調や照明を自動制御にして費用削減する

新しい電気の購入

メンズ

新電力から電気を買う

日本での電気の供給源としては、大手電力会社である一般電気事業者がこれまで事業を独占してきました。一般電気事業者としては、北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の10社です。その一方で電力の自由化が推し進められており、その自由化によって電力を供給する事業者が特定規模電気事業者といい新電力とも呼ばれていますが略称のPPSの方が広く使われています。電力自由化そのものは2000年からスタートしており、当初のPPSでは主に大規模工場など特別高圧産業用および業務用が中心でしたが、段階的にその範囲が拡大していき、2016年には完全自由化となっています。このため事業者はもちろん、一般家庭でもPPSからの電気を購入することが可能になっています。

そのメリットは

PPSのメリットとしては電気料金の削減です。それまでの大手電力会社の独占市場においては、確保する電圧が高ければ高いほど料金は高額になっていました。また大手電力会社しか選択肢がないため料金に関しては値上げすればそれに応じるしか手段がありませんでしたが、電力自由化によって電気の供給源が多様化し、多数のPPSから選ぶことができ、必要に応じて電気料金を選ぶことが可能になっています。また、これらの変更は装置を交換することなく書類1枚で出来るため簡単に他のPPSに乗り換えることが可能です。一方で発電する電気に関しても、選ぶことが出来るため環境を意識している場合には再生可能エネルギーを電源としているPPSを選ぶといったことも可能です。